クレンジングの見直しでくすみ改善です

顔のくすみは気になるものでスキンケアなどで改善を試みることもありますが、クレンジングの方法が間違っていることがくすみを引き起こしている可能性があります。

クレンジングのくすみ情報を見つけましょう。

肌のくすみの原因にはいくつか考えられますが、血行不良、メラニン色素沈着、毛穴汚れの蓄積などが主な原因です。

血液の流れが滞りリンパの流れが悪くなると代謝も悪くなり、顔色がくすんだ印象になってしまいます。

また、紫外線を浴びるとメラニン色素が生成されて肌が茶色の感じになます。またメイクをしっかりと落とさない場合、毛穴に汚れなどが残って皮脂と混ざり酸化し肌が黒ずんだ状態になってしまいます。



夕方になると肌がくすむことが多いですが、これは毛穴の汚れが原因で、ファンデーションと皮脂が酸化したことで起こります。


皮脂の酸化は肌に刺激を与え活性酸素を発生させ、肌がくすむだけではなく肌トラブルを起こすもとになります。


肌をくすまないようにするにはクレンジングで毛穴の汚れを落とすことが大切なことです。
肌のくすみが気になる場合には、スキンケアを見直す前にクレンジングを見直すことも必要です。

メイクと皮脂が詰まった毛穴の汚れを無理なく落とすことができる水と馴染み、すっきりと洗い流せるようなタイプを選んで、しっかりとすすぐことも必要です。



特に額のきわやフェイスライン、目元などはしっかりとぬるま湯で汚れやクレンジング剤を落とすように注意してすすぎます。
きちんとクレンジングすることで角質層の汚れが落ちて毛穴も目立たなくなり、透明感のある肌になることが期待できます。