クレンジングでくすみ対策を行う

メイクを行った日はクレンジングでそれを落とすことが必須です。もしこれを怠った場合には肌に負担がかかったままなので、非常に肌の状態を悪化させてしまう恐れがあります。

クレンジングのくすみ情報は必ず役に立ちます。

ただしクレンジングのやり方次第では、逆に肌トラブルが引き起こされてしまう可能性もあるので注意が必要です。

たとえばくすみの場合、クレンジングの際の肌の擦り過ぎが原因であることも多いです。



特に目の周りのくすみと言うのは、濃いめのアイメイクを落とす時に無意識の内に目の周りを擦るようにしてしまい、それが刺激となってメラニン色素が活発になり、くすんでしまう傾向にあります。
ですからアイメイクに関しては、専用のクレンジングで落とすようにするのが望ましいです。
専用のものであれば、力を入れて擦らなくても落ちる可能性が高いためです。

それからメイクがきれいに落とせていないと、それがくすみの原因になることも少なくありません。

メイクは油性ですからそのままだと酸化して肌に残ってしまい、それがくすみとなると言うメカニズムです。
洗う際にはメイクとしっかり馴染ませて、丁寧に、けれど素早く落とすことが求められますが、それと同じくらいに大切なのがすすぎです。



いくら丁寧に馴染ませたとしても、すすぎ残しがあるとやはりそれはくすみにつながるかもしれません。

クレンジングのすすぎのポイントは、ぬるま湯を利用することです。
こうすれば油性のメイクもよりお湯の温度で柔軟になり、流しやすくなります。

顔全体だけでなく、生え際、頬のライン、顎の下などもしっかりとすすぐことがコツです。